マイクロソフトのワードにて原稿を作成する際に注意したい3つのポイント


ワードでの原稿の作成の仕方について困っている方々はいらっしゃいませんか?
原稿の内容がいくら優れていても、レイアウトなどの作成の際に不備があったら質の良い原稿は作れないですよね。

原稿を書く際にできるだけ質の高いものを作っていく際には、その原稿の内容ももちろんですが、ワードの使い方についてもマスターしていく必要があります。

ワードで原稿を作成する際に意識したいポイントは複数ありますが、今回はすぐにでも使えるワードの作成の際のポイントについてご紹介していきたいと思います。

“マイクロソフトのワードにて原稿を作成する際に注意したい3つのポイント” の続きを読む


イラストレーターで原稿を作る際のポイント|トンボを作成してみましょう


Adobeのイラストレーターで原稿などの作品を作り印刷所に入稿する際には、「トンボ」を作ることをおすすめします。

入稿の際には、通常仕上がりサイズよりも約3mm大きく作品を作ります。
この約3mmを示すためのトリムマークのことを「トンボ」と呼びます。

このトンボを作っておくことにより、裁断機によるズレを防ぎ、裁断時に失敗してしまうリスクを減らします。
今回はこのトンボの作り方についてご紹介します。

“イラストレーターで原稿を作る際のポイント|トンボを作成してみましょう” の続きを読む


自作の本を残そう|自費出版とは?流れとポイントをご紹介


文章を書くのが好きな方であれば、一度は自作の本の出版を夢見たことがある方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、夢の実現の1つの方法として、自費出版をご紹介します。

“自作の本を残そう|自費出版とは?流れとポイントをご紹介” の続きを読む


わかる社内マニュアルを作るための、企画上のコツ3つ


 

分かりやすいマニュアルには、まず「知りたい情報がマニュアル内のどこにあるか」がすぐに分かるくらい、きれいな流れができていることが必要不可欠です。

そのためには、マニュアルの作成前に骨組みをしっかり作るのが大切になってきます。
そこで今回は、内容の作成より前に知っておきたいポイントをご紹介いたします。

“わかる社内マニュアルを作るための、企画上のコツ3つ” の続きを読む


わかる社内マニュアルを作るための、作成上のコツ5つ


 

社内マニュアルの狙いや構成を定めた後は、いよいよマニュアルの内容の作成です。
より分かりやすいものにするために、工夫すると良いポイントを5つご紹介します。

“わかる社内マニュアルを作るための、作成上のコツ5つ” の続きを読む


社内マニュアルは電子と紙のどっちがいい?違いを比較


 

社内マニュアルを作成しようとしているが、電子媒体と紙媒体のどちらにするかでお悩みの方はいらっしゃいませんか?
どちらも一長一短のような気がして、迷ってしまいますよね。
そこで今回は、それぞれの良さを明確にして比較してみようと思います。

“社内マニュアルは電子と紙のどっちがいい?違いを比較” の続きを読む


わかる社内マニュアルを作るための、デザインのポイント2つ


 

企画もしっかり立てて、内容も分かりやすくまとめたら、最後にぜひ意識したいのが「見やすさ」と「読みやすさ」です。
せっかくの充実した内容も、見づらいと伝わりにくいからです。

とはいえ、社内マニュアルばかりに時間も掛けていられないですよね。
そこで今回は、レイアウトとフォントの2つの視点から、簡単にできる「見やすさ」「読みやすさ」の高め方を紹介します。

“わかる社内マニュアルを作るための、デザインのポイント2つ” の続きを読む


満足のいく1作を|自叙伝を書くときのたった3つのコツ


 

自叙伝を作ろう。そう思い立っても、いざ書こうとすると、何からどうやって書いていけばいいのか悩むものではないでしょうか。
自叙伝は何度も作るものではないので、せっかく作るならより満足のいく1作にしたいものですよね。

そこで今回は、自叙伝を書くときに意識したい3つのポイントをご紹介いたします。

“満足のいく1作を|自叙伝を書くときのたった3つのコツ” の続きを読む


会社の大切な日に|記念誌を作るときのポイント


 

会社の周年記念日は、気持ちも新たに入れ替わる大切な日です。
社員の会社に対する関心を高め、歴史や出来事を正確に知ってもらうためにも、お取引先など周囲の関係者に感謝の気持ちを示すためにも、記念誌の編集は大いに意味を持ちます。
そこで今回は、記念誌を作る際のポイントをご紹介いたします。
“会社の大切な日に|記念誌を作るときのポイント” の続きを読む


売れるカタログを作るための、たった4つのポイントとは


 

顧客と商品とを結びつける役割を果たすカタログ。
より効果的に商品を魅せるカタログを作るためのポイントをご紹介いたします。

“売れるカタログを作るための、たった4つのポイントとは” の続きを読む