イラストレーターで入稿の不備をなくすために知っておきたい3つのポイント


 

イラストレーターで作成した作品を印刷会社に入稿する際に、不備ができるだけ少ないようにしたいですよね。

イラストレーターでせっかく質の良い作品を作っても、入稿する際に不備があればせっかくの作品の完成版が劣ってしまいます。

そうならないためにも、不備が起こりやすい入稿の際によく起こってしまう注意点をしっかりと認識しておきましょう。

■カラー設定をCYMKにしておく

新規でドキュメントを作成する際に設定する設定の画面にて「カラーモード」の部分をCYMKに変えておく必要があります。

しかし、新規でドキュメントを設定する場合でなくとも、ドキュメントのファイルの中から「ドキュメントカラーモード」を選択し「CYMKカラー」をクリックすることでCYMKに設定できます。

■3mmの塗り落としを設定して塗り足しの作成をしておく

絵柄や画像、線など紙面の端っこまでオブジェクトはある場合は、塗り足しのデータを入稿しなければなりません。
塗り足しがないと、断裁時のトラブルによって作品に不備が出てしまう可能性があるからです。

入稿先の印刷会社によって少し変わってきますが、塗り足しを行う基本的なサイズは左右上下に3mmずつとなっております。

よって横にトータル6mm、縦にトータル6mmとなってきます。
裁ち落とし(塗り足し)の設定は、スクリーン上部の「ファイル」から「ドキュメント設定」を選択し「裁ち落とし」の欄をそれぞれ3mmずつに設定する必要があります。

■フォントは全てアウトライン化

アウトライン化とは、文字情報を図形情報に変換する処理のことを指します。
文字情報であるフォントの搭載は、OSやバージョンなどの環境によって異なります。

よって、自分のデスクトップ上に写っている文字のフォントと、実際に印刷した際の文字のフォントが異なる場合があります。
つまり、文字化けが起こってしまう可能性があるのです。

アウトライン化することが肝心になってきます。
やり方としては、「オブジェクト」から「すべてのロックを解除」を選択し、さらに「選択」から「すべてを選択」をクリック、そして「書式」から「アウトラインを作成」を選択します。

以上、イラストレーターで作品を入稿する際に知っておきたい3つのポイントについてご紹介しました。

良い作品を作るためには、作品作成時に使用するイラストレーターの有効な機能に加えて、上記のような入稿で失敗しないためのポイントについて示しておく必要があります。
上記を参考に満足のいく作品を印刷していただけたら幸いです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です