インデザインで原稿を作る際のポイントは?メリットデメリットを紹介


 

インデザインで原稿を作る際のポイントとして、マイクロソフトのワードやadobeのイラストレーターと比較した際のインデザインが優れているポイントを有効活用していくことがとても肝心になってきます。

そこで今回は、その他の原稿作成ツールと比較した際の強みについてご紹介していきたいと思います。

■レイアウトを自由に活用する

特にMicrosoftのワードと比べると自由度が高くなります。
ワード特有の文章を編集した際に図が消えてしまうことやなどの文章のレイアウト面でのトラブルが少ないほか、ご自身がイメージされている文章やそれに付属させる図などの自由度が高いことです。

■adobe製品との相性が高い

Illustrator、PhotoShopなどのadobe製品との相性がいいことが、このインデザインの特徴です。相性が非常にいいこと特徴であり、強みであります。

確かに、イラストレーターで作った図をwmfに変換すればワードに貼ることも可能ですが、いちいち変換してからワードに貼り付けるのは面倒でしょう。
インデザインでは、貼付した図が自動的に変更されるので活用が楽になります。

それにできるだけ自作の図を使うことは著作権面でも良いでしょう。

■マスターページを活用する

マスターページは、共通な要素をテンプレート化しておいて、同じ作業の繰り返しを避けることができます。
マイクロソフトのパワーポイントのスライドマスターのような感じになります。
単調な反復作業を避けることによって効率的でかつ質の高い原稿ができるでしょう。

■インデザインについての注意点

インデザインを使用している人が少ないことです。
学校やオフィスに備えられているPCには、ほとんどの場合インデザインはインストールされていません。

その理由として、おそらくAdobeのソフトが高いからでしょう。
よって、ご自身がデータをもって学校やオフィスにいった場合、プリントする時はpdfに変換していれば問題がないのですが、ほとんどの場合自分のPCがなければ編集ができないのがデメリットになってきます。

もう一つ考えられるデメリットとしては、文章のみを書く場合ならワードの方が断然早いといったことです。

インデザインはたくさんの機能を持っているので、シンプルに文章記述のために作られているソフトであるワードの方が文字通り文章だけなら便利であります。

以上、インデザインを使用する際に知っておきたいポイントについてご紹介しました。
インデザインを使用することにはメリットもデメリットも存在します。
上記を参考に良い原稿を作成することの役に立てていただければ幸いです。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です